ドイツ系の外資系企業への転職ガイド|年収や社風などドイツ系企業を徹底調査

ドイツ系の外資系企業への転職ガイド|年収や社風などドイツ系企業を徹底調査

ヨーロッパ系の企業の中でも経済力が強く、世界的な知名度も高いドイツ系企業は日本の転職市場でも人気があります。
この記事では、ドイツ系企業の特徴や魅力をお伝えするとともに、ドイツ系企業への転職活動の方法を紹介します。
ドイツ系企業への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1. ドイツ系の外資系企業

まずは、社風や慣習などドイツ系企業の特徴を見ていきましょう。

ドイツ系企業の特徴

ドイツ系企業には、主に以下のような特徴があります。

【外資系企業に共通してみられる特徴】

    • ワークライフバランスを重視
    • 仕事とプライベートとの区別が明確
    • 各自の仕事の範囲が明確

【日本と似ている特徴】

    • 真面目な職人気質

【ドイツ文化】

    • 労働者保護の姿勢が強い

ドイツ系企業はいわゆる「外資系企業」らしく、ワークライフバランスが重視され、仕事とプライベートとの区別は明確にされています。また、各自の仕事の範囲が明確で、自分の担当範囲(=契約範囲)を超えた仕事はしないなど、日本企業とはかけ離れた価値観で業務が行われています。

一方で、真面目な職人気質が見られる点は日本企業との共通性を感じます。日本もドイツも長く製造業を主要産業としていることもあり、職人気質でいい加減な仕事はせず、高いクオリティを求める傾向があります。

また、ドイツ人と日本人は譲歩の精神や相手との折り合いの付け方が似ていると言われています。ドイツ系企業と仕事をした経験がある人の中には、ドイツ系企業とは仕事をしやすい、やり取りがしやすいといった印象を抱く人が多くいます

また、ドイツならではの特徴として、労働者を保護する姿勢が強い風潮があります。ドイツでは長時間労働を禁じるとともに、有給休暇を100%消化することや長期休暇をとることが当然の権利として認められています。こうした企業が従業員を大切にする文化が根付いている点は、日本企業のそれとは大きく異なる点と言えるでしょう。

ドイツ系企業の年収相場

一般的に外資系企業の平均年収は約800万円と言われており、日本の平均年収433万円の約2倍にも及ぶ額です。ドイツ系の外資系企業も例外ではなく、30代で800万~1,200万円といった年収も珍しくはありません。

2. ドイツ系企業で働くメリット

次に、ドイツ系企業で働くことのメリットを3つ紹介します。

【メリット①】休日が多い

ドイツでは多くの企業が年間30日ほどの有休を認めているうえに、この有給休暇を100%消化することや2週間程度のまとまった長期休暇をとることが当然の権利として認められています。本国でそのような文化があるため、引け目を感じることなくしっかりと有給休暇・長期休暇の取得ができます

※企業によっては、ドイツ本社と日本支社では待遇や労働条件が異なるところもあります。各社の労働条件に関しては応募前にしっかりと確認しましょう。

【メリット②】職場の風通しが良い

ドイツ系企業は、職場の風通しが良い環境にあります。年齢や役職に関わらず自分の意見を言いやすく、自分とは相反する意見にでも素直に耳を傾けてくれるため、職場での良好なコミュニケーションを築くことができます。

ただし発言の際には、はっきりとした意見が求められる点に留意しましょう。曖昧な発言は控え、はっきりと自分の意見を主張することが大事です

【メリット③】専門分野でのスキルアップが見込める

ドイツ系企業は契約主義で役割分担がしっかりしているため、各自の仕事の範囲が明確にされています。そのため、自身のやるべき業務・専門の業務にだけに集中することができ、専門性を高められます。ある専門分野におけるスキルアップを目指している人にとっては、有利な環境と言えるでしょう。

3. ドイツ系企業で働くデメリット

グローバル本社の決定権

在日ドイツ系企業は本国ドイツに権限を集中させる傾向にあります。そのため日本支社には決定権がなく、何をするにも本国の経営陣にお伺いをたてなければいけないケースが少なくありません。

本国と顧客の間に挟まれて悩まされる可能性がある点は、頭に入れておきましょう。

4. ドイツ系企業で働く際の注意点

ドイツ系企業と日本企業とでは、考え方や習慣など異なる点が多々あります。ここで、ドイツ系企業で働く際の注意点を確認しておきましょう。

♦ 成果主義

ドイツ系企業では、他の外資系企業に見られるように、成果主義が色濃い傾向にあります。仕事の実績はもちろんのこと、「いかに効率よく仕事をこなしているか」といった仕事の効率性も求められます。かつて日本企業で美徳とされていた長時間労働が高く評価されることはありません。

♦ 語学力

多くのドイツ系企業では、英語またはドイツ語の語学力を採用基準に置いています。基本的にビジネスレベルの英語力は必須、ドイツ語は話せるとより有利となります。
いくら日本支社の顧客が日本企業だとしても、ドイツ本社や海外取引先とのやり取りは、英語やドイツ語でのコミュニケーションが基本です。
語学力無くして、ドイツ系企業には就職できないと考えていいでしょう。

♦ 専門スキル・経験

ドイツ系企業を含む外資系企業では、年齢や性別よりも経験やスキルを重視します。特に中途採用においては専門分野におけるスキルと経験が重要視されるため、分野を限定しないマルチな人材よりもスペシャリスト(専門職)の方が転職活動に有利に働きます。

新卒採用でさえ学生の内にインターンなどを通して実務経験を積み就職に備えるのが一般的な状況なため、ドイツ系企業への未経験での就職・転職は非常に難しいと言えます。

5. ドイツ系企業の一覧

ドイツ系の自動車関連企業【完成車メーカー】

ドイツの主要産業の一つである自動車業界には、グローバルでシェアを獲得している企業が多数あります。
● フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN AG Wolfsburg
○ アウディー|AUDI AG Ingolstadt
○ ポルシェ|Porsche AG Stuttgart
○ マン・トラック & バス|MAN Truck & Bus SE Munich
● メルセデスベンツ|Mercedes-Benz Group AG
● ダイムラートラック(三菱ふそう)|Daimler Truck AG Stuttgart
● BMW(Bayerische Motoren Werke AG Munich)
● オペル|Opel Automobile GmbH Rüsselsheim am Main

BMW

ドイツ系の自動車関連企業【部品メーカー】

● ボッシュ|Robert Bosch Gesellschaft mit beschränkter Haftung Gerlingen
● コンチネンタル|Continental AG Hannover
● ZF|ZF Friedrichshafen AG Friedrichshafen
● シェフラー|Schaeffler AG Herzogenaurach
● ヘラー|HELLA GmbH & Co. KGaA Lippstadt
● ブロゼー|Brose Fahrzeugteile SE & Co.KG Coburg
● ボルグワーナー|BorgWarner Europe GmbH Ketsch
● マグナ|Magna PT B.V. & Co. KG Untergruppenbach
● マーレ|MAHLE GmbH Stuttgart
● ウェバスト|Webasto SE Gauting
● ラインメタル|Rheinmetall Automotive AG Neckarsulm

日本支社のあるドイツ系企業【その他業界】

● アディダス(ファッション・スポーツ)
● プーマ(ファッション・スポーツ)
● DHL(流通)
● SAP(情報通信)
●シーメンス(情報通信)
● バイエル薬品(製薬業界)
● ドイツ銀行(金融・保険業界)

あわせて読みたい『輸入車インポーターで働くには?外車メーカーで働くための基礎知識』

海外ブランドの自動車は、海外メーカーや代理店契約を結んでいる輸入車インポーターによって日本市場に流入し、ディーラーや販売店によって販売されています。外資自動車メーカーで働く上での、今後の市場予測や必要な英語力、輸入車インポーター一覧をまとめています。

work at Importer

6. ドイツ系企業に転職する方法

ドイツ系企業の求人は日本でも数多く存在していますが、募集に関してはほとんどが未公開のため、転職サイトなどの公開求人媒体だけでは十分な情報を探すことができません。

ドイツ系企業への転職を効率よく行うためには、転職エージェントに登録して未公開求人を紹介してもらう方法をおすすめします。

ドイツ系企業求人を扱う転職エージェント

ドイツ系企業の求人案件を扱う主な転職エージェントは以下の通りです。

  • JAC
  • リクルートエージェント
  • ビズリーチ

そして、このサイトの運営会社の「Turnpoint Consulting」もドイツ系企業求人を扱うエージェントの一つです。
Turnpoint Consultingでは、モビリティ業界に特化しており企業の採用担当者との距離が近く、求職者のご希望と企業のニーズに合わせて、企業へ推薦を致しますそのため、書類選考の通過率は業界平均より高く、自動車・モビリティ業界における圧倒的な業界知識をもとに、求職者を丁寧にサポート。求職者を理想の転職へと導きます。

新規登録

7. 最後に

ドイツ系企業はワークライフバランスを重視していたり、労働者が保護されていたりと、労働者にとって働きやすい環境が整っています。

しかしながらドイツ系企業の求人はほとんどが未公開求人。そのため、外資系に強い転職エージェントに登録したうえでの転職活動が効率的です。

信頼の置ける転職エージェントと共に、転職活動を成功に導きましょう。